Recent Tweets @
「今RTされてきた話は半年前に流れてきたと思え」
「いい話を見たら創作だと思え」
「画像を見たら加工されてる思え」
「凄い製品だと思ったらコンセプトだと思え」

Twitter / proto_typo (via igi)

まさに至言

(via highlandvalley)

(via otsune)

いとこ(27歳男)が、大腸がんで死んだ。
その彼女は、従兄弟ががんと分かってから、仕事もあったのに毎日病室に訪れ付き添った。
結婚の約束もしていたんじゃないかな。
食べ物を、「お口アーン」とか、やり合ってじゃれてたり、がんが侵食して痛む従兄弟の腰や背中を、彼女がさすってあげたり。

そのころ、10代のガキだったせいもあるけど、従兄弟が死ぬなんてまったく想像つかなかった。
「きっとこの2人はあと数年もしたら結婚して、幸せな家庭築くんだろーな」
なんて、見舞いにいくたび幸せな想像しかできなかった。
普通にうらやましかった。

しかし、従兄弟の病状はどんどん進んでいった。みるみるやせて、目ばかりぎょろぎょろになって、身内のわたしでも正視できなかった。
はやく終わってほしかった。人の命のもろさが怖かった。
でも彼女はずっとそばにいた。従兄弟のやせ細った手を握って、抗がん剤の影響で、ぼろぼろに禿げたあたまにかぶる毛糸の帽子を作ったり。

わたしは、怖くて怖くて病室にも入るのもいやで病室に入っても、彼女の後姿ばかり見ていた気がする。
従兄弟は、癌がよくなったらどこかへいこうとか、あれ食べに行こうとか今度の携帯の最新機種を買いたいとか、来ない日のことばかりしゃべった。

彼女は笑顔で、「絶対いこーね」「わたしあれ食べたい」とか、いってた。
気休めだろって思ったけど、彼女の目は本気だった。
今、思い返せば、彼女はほかにどうすることもできなかったんだと思った。
彼女も怖かったのに、好きな人を失うことが、きっと自分が死ぬ以上に恐ろしかったと思う。

年末に、癌が全身にまわり、肺に転移。
従兄弟は最初の意識不明に陥った。
医師は、「癌を抑える薬がある。しかし、一時的に抑える効果しかない。
苦しみがのびるだけ。私の子供が患者だったらこのまま死なせる」ときっぱり。
両親は、「せめて27歳の誕生日を迎えさせたい」と延命を望んだ。
横で、彼女はだまって、ふるえていた。

薬は効いて従兄弟は劇的に回復した。
彼女と温泉にいったり、近場に旅行いったり、新薬は2人に時間をくれた。
「癌が治った」とはしゃいでいたけど、一時的だというのは本人が何よりも知っていたと思う。
最後のときをすごす2人に、両親も親戚もなにもいわず見守った。

春、従兄弟が3度目の意識不明に陥った。
あまりの痛みに子供のように泣き叫ぶ従兄弟を、彼女と従兄弟の母親が押さえつけ、抱きしめた。
「ここにいるよ。ひとりじゃないよ」
彼女は、死の激痛にあえぐ従兄弟の顔にキスして、手足をさすった。

医師が死亡宣告し、遺体が自宅に搬送されるまで、彼女は従兄弟を抱いた。

何かにとりつかれたように嗚咽する彼女をみて「人を愛する」ってこういうことかと思った。

彼女は、親戚の手前、通夜、葬式にも出られなかった。
毎年、従兄弟の墓参りには来ていた。
従兄弟が死んで数ヶ月あと、勤めていた会社をやめたことを聞いた。

数年たって、墓参りにもこなくなった。
最近、彼女が結婚し、1児の母になったことを聞いた。
寂しく思った反面、ほっとした。
幸せになってほしいと思う。
「おれ酒強いんすよw」という一年生の強がりは誰も得しない。「弱い」とアピールして先輩のおっぱい揉め。俺もそうするべきだった。
Facebookで若い女の写真とかにコメントしてるおっさんは全員気持ち悪いけど全員「若い女の写真にコメントしてるおっさんは気持ち悪いけど俺は俺だけは気持ち悪くない」と思ってて不思議

taizooo:

大抵の場合「これはいわゆるトヨタ生産方式です。」って言えば、新しいツールの導入障壁は破壊できます。

(via t91430ym)

・三人の男が「いかに妻の前で王のように振舞えるか」を話し合っており、一人が言った。「ある晩、私の女房は私の前でひざまずいて頭を下げていたよ」残りの2人が訊いた。「そしてどうなったんだ?」男は答えた。「女房は言ったよ。ベッドの下に隠れないで男らしく戦いなさい、とね」

・男女が結婚する前の会話。
男「ついにこの日が来た!僕は待ちきれないよ」
女「私と縁を切りたい?」
男「いいや!考えた事もないよ」
女「私を愛してる?」
男「もちろんさ!」
女「今まで私に嘘をついたことがある?」
男「まさか。そんな事を聞かないでおくれ」
女「私にキスしてくれる?」
男「ああ、いいよ」
女「私を叩いてと言ったら?」
男「駄目だ!僕はそんな男じゃないよ」
女「貴方を信じていいかしら?」
男「うん」
結婚した後は下から上へ読む。

・医者と弁護士と政治家が「最初に世界を作った職業はどれか」を議論した。
医者は「神はアダムの肋骨からイブを作った。これは外科手術だから医者だ」と言い、弁護士は「その前に神はカオス(混沌)から秩序を作った。これは弁護士の仕事だ」と言った。そこで政治家がニヤリと笑って言った。「ふふ、じゃあカオスを作ったのは誰だい?」

・ブロンドの女が彼氏に電話した。
女「ねえ、ジグソーパズルがどうやっても完成しないの。手伝って」
男「何のジグソーパズルだい?」
女「箱には虎の絵が描いてあるわ。だから完成したら虎になるはずよ」
彼氏が彼女の家に到着した。
男「ねえ、まずはお茶を飲もう。そしてそのFrosted Flakes(コーンフレーク)を箱に戻そう」

・天国では
コックがフランス人
警官がイギリス人
機械工がドイツ人
恋人がイタリア人
銀行員はスイス人
地獄では
コックがイギリス人
警官がドイツ人
機械工がフランス人
恋人がスイス人
銀行員がイタリア人

・結婚には3つのリングが必要だ。
エンゲージリング
ウェディングリング
Suffering(苦痛)

マックのゴミ箱に近い席はゴミがいっぱいになるたびにゴミ袋を入れ替えるバイトのお姉さんのふとももが鑑賞できるので、VIP席と呼んでいます。ゴミ箱の扉が開く方向は要チェックです。扉が開く方向と逆サイドの席がVIP席です。
Twitter / だいごろう (via uinyan) (via kazcorp) (via uessai-text) (via kuriz) (via udonchan) (via hisaruki) (via proto-jp) (via gkojax) (via srgn)
2010-05-31 (via gkojay) (via k32ru) (via indivi) (via nemoi) (via snmn1024) (via nanikano) (via saitamanodoruji) (via 200man) (via mcsgsym) (via huziwi) (via nwashy)

onlylolgifs:

Shiba Inu Prevents Owner From Drinking Alcohol

(via zaiga)

少年はどうしても欲しいおもちゃがあり、神様に100ドルくれるように手紙を書くことにした。
神様宛の手紙を受け取った郵便局は気を利かせて、その手紙を大統領に送った。
大統領補佐官は、その無邪気な手紙が大統領を喜ばせるだろうと、
多くの大統領宛の手紙の束にそれをもぐり込ませたのであった。

それを読んだ大統領は、ほほえましく思い、その少年に5ドルだけ贈ってやることにした。
小さな少年には100ドルは大金過ぎると思ったからだ。
それを受け取った少年は大喜びして、早速礼状を書くことにした。

   
   神様、ありがとう。
   あなた様は政府を通じてお金をお送り下さいましたが、
   いつものことながら、あのカスどもが95ドルも税金を差し引いてしまいました。
   どうか天罰を下してください。

wideangle:

ソチ五輪のマスコット何かに似てるなーと思ったら、好楽師匠だ (via Twitter / 29_Nom: ソチ五輪のマスコット何かに似てるなーと思ったら、好楽師匠だ …)

(via jacony)

horsthimself:

we do it together

(via echanplus)